監視カメラ用複合ケーブル「サン・セキュア®」3C相当タイプを新発売

2016年09月28日

監視カメラ用複合ケーブル「サン・セキュア®」3C相当タイプを新発売

三陽電工株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:寺崎 博之)は、2016年10月3日(月)より監視カメラ用の映像・電源複合ケーブル「SAN-Secure®」(サン・セキュア)シリーズに現場作業向けの「SDSC-3075-T」を追加いたします。

本製品は5C同軸ケーブルと同様の仕上がり外径に3C相当の映像伝送用ケーブルとDC電源線を複合。敷設工事現場での管路内追い引きと切断、コネクタ現場取付の作業性を高めた「現場作業向けサン・セキュア」です。

■ 開発背景
2016年6月に発売した「サン・セキュアSDSC-1575」(映像線1.5C相当)は、主に両端コネクタ付きケーブル形状で販売し、監視カメラ製造・販売業者様を中心にご好評をいただいておりました。しかし、細径化に重点をおいたSDSC-1575に対し、工事業者様から「工事現場で敷設長に合わせた切断を行いたい」、「細い管路内に追い引きするためコネクタは現場付けしたい」、「映像用コネクタの現場付けを使い慣れた3C同軸のサイズで行いたい」といったご要望をいただいておりました。

■ 製品特長
今回発売する「SDSC-3075-T」は、5C同軸ケーブルと同様の仕上がり外径9.0mmに3C相当の映像線と電源線を複合。現場作業に関するご要望に完全にお応えするとともに、サン・セキュア・シリーズの特長である映像・電源複合の細径軽量ツーインワン・ケーブルも実現。またアナログ、AHD、HD-TVI、HD-CVIでの100mまでの映像伝送とUTC機能の動作も確認しています。本製品は主にコネクタなしのケーブル形状で監視カメラ施工工事業者様、工事用電線販売商社様に向けて販売を予定しておりますが、ご指定をいただければ両端、片端コネクタ付き形状での出荷も可能です。

■ 販売見込
当社は既存のタイプとあわせたサン・セキュア商品群での年間売上を初年度1,000万円、3年後以内に4,000万円と見込んでおります。

本件に関するお問い合わせ
三陽電工株式会社 経営戦略室 室長 小林 潤(こばやし・じゅん)
Tel 048-441-0331 Fax 048-446-2631 E-mail kobayashij@sanyo-denko.co.jp

ページ先頭へ