同軸ケーブル

最先端同軸ケーブル SAN-Move

製造現場が待ち望んでいた同軸ケーブル「サンムーブ(SAN-Move)

製造現場が待ち望んでいた同軸ケーブル

高速化、広帯域化する製造現場でのデータ伝送。
もはや計装ケーブルでの伝送は難しく、LANケーブルもノイズやクロストークが心配。
しかし同軸は硬すぎて…。

三陽電工のサンムーブ[SAN-Move]はそんな声にお応えした最先端の同軸ケーブルです。
導体材料、導体構造を一新し優れた柔軟性、耐久性を実現しつつも、電気特性は既存の同軸ケーブルと同等。
まさに「製造現場が待ち望んでいた同軸ケーブル」です!

特長1:高耐久性「交換頻度を削減。断線トラブルも低減」

3C(75Ω)タイプ、3D(50Ω)タイプ、共に繰り返し曲げ試験15万回以上をクリア。他社の可動同軸ケーブル比較して、サンムーブは約1.5倍の高耐久性を実現しました。

特長2:柔軟性向上「スムーズな配線工事と配線自由度が向上!」

サンムーブの中心導体にすずめっき軟銅細線の撚線を採用。柔軟性の決め手と同時に、金属疲労や銅表面の酸化を排した耐久性にも寄与しています。

特長3:低価格・高信頼性「安心の国内一貫生産!」

減衰量、周波数特性も同径の同軸ケーブルと同等。そしてこの数々のメリット。そんなサンムーブを低価格・高信頼な国内一貫生産でご提供します!

使用例

検査装置向けカメラの広帯域・耐ノイズ性接続*

ケーブルベア内への同軸配線

*耐ノイズは敷設現場の状況、ノイズ源等により異なり、現状の混入ノイズ除去を完全に保証するものではありません。

選択表/弊社標準仕様

  SAN-Move
3Cタイプ 3Dタイプ
中心導体材質 すずめっき軟銅線 すずめっき軟銅線
中心導体断面積(構成) 0.15㎟(30/0.08) 0.5㎟(45/0.12)
中心導体抵抗(20℃) 138.6 Ω/km 38.2 Ω/km
製品外径 φ5.5mm φ5.3mm
特性インピーダンス 75±5 Ω 50±5 Ω
絶縁抵抗 1,000 MΩ以上 1,000 MΩ以上
耐電圧 1,000 V/1分間 1,000 V/1分間
減衰量(10MHz) 40 dB/km 43 dB/km

減衰量の最大値は標準値の115%以下

カスタマイズをお請けします!

複合化、識別用にシース色変更などの製造対応も可能。各種コネクタへのアセンブリもご相談ください。

*2021年3月現在のものです。商品の仕様、型番等、すべての内容は予告無しに変更させて頂くことがございます。予めご了解下さい。

ページ先頭へ