産業機器用鎧装ケーブル

産業機器用鎧装ケーブル概要

薬品が飛散する工業プラント、車両などの重量物による踏み付けが発生する建設現場での埋設、さらには水中・海底など、過酷な使用環境下でも高品位な信号伝送が可能なケーブルです。通常の産業機器用ケーブルに「あじろ鎧装(がいそう)」(鉄線、鋼線による編組)や金属製フレキシブルチューブへの通線を施し堅牢にガード。荷重、側圧、化学物質などによる外部からの損傷からケーブルを守ります。

産業機器用鎧装ケーブル特長

ケーブル本体の設計は、通常の産業機器用ケーブルと同一となります。鎧装に用いる金属は目的により異なります。また、ステンレスなど金属フレキに通線する製品もあります。

最外部に鎧装を施すほか、鎧装の上にさらにシースをつける加工も可能です。

 

ページ先頭へ